ノースカロライナ州−チャペルヒルの生活🇺🇸

2019/3からアメリカに住んでいます。旅行のこと、美味しかったもの、おすすめのレストラン、日々のこと、などなど。

選択肢をたくさんもとう!

あっという間に9月です!

アメリカに来て半年経ち、残り半分となりました。 

 

こちらに来てから、どうも日本のことを良く思えなくなってしまって。

経済状況も悪い、人口も減る一方、皆同じであることが求められ、察することを強要される…色々なことが悪化(というか劣化)しているように見える。

もちろん素晴らしいところもあるのですが、一生日本に住んでいていいのだろうか?と疑問がちらつくようになりました。

アメリカも問題は山積みだし、何事もお金!な社会ですが、とにかく広いし笑、それだけ多様性もあるし、自由に生きられるのかなぁ…なんて。

日本人だから日本で生きていく、という考えは、しばらく横に置いておきます。

 

8月の上旬は1週間、専門職の勉強のためマンハッタンへ行っていました。

まだ日本にほとんど入ってきていない、NY発祥の流派の入門講義です。

まだ資格を取って日が浅いため、どこの領域でどう働いていこうか迷っていましたが、しばらくこれでいこう!と思えるものに出会えました。

こちらに来てから初めて、このコミュニティ居心地がいいなぁ!と思えました。

もちろん今住んでいる場所にも素敵な人たちはたくさんいて、日々助けられています。

でも、これだ!ここだ!と思えるものには出会えていませんでした。

 

都会の殺伐とした感じは苦手だけれど、人が多いってことはそれだけやりたい事が見つかりやすくて、こうなりたいなぁと思える人にも会える。

のんびり田舎暮らしもいいけど、そこに居心地の良さを感じるのはまだまだ先かもしれないなぁ。

 

どれだけ自分の中に選択肢をもっておけるか、これが自由に生きるために大切なんでしょうね。

そのためには、オープンマインドで、新しい場所に行って、新しいものにどんどん出会っていくのが大事なんだなぁ。

 

…と、8月は色々なことを考えたのです。

まとまらないけど、文字に残しておきたかった。